リノベーション~トイレ編パート2~

リノベーション~トイレ編パート2~
こだわりリノベーション

ほっと落ち着けるトイレ、フワッと気持ちが明るくなるトイレ、シャキッと気合が入るトイレ。どんなテイストのトイレがお好みですか。

リノベーションで、トイレはリビングやキッチンに比べて後回しになりがちかもしれません。しかし、一 日に何度も使う場所であり、一人になるプライベートな空間でもあります。トイレがお気に入りの場所になれば、おうち時間もより居心地よくなりそうですね。色々なリノベーション事例を紹介しますので、お気に入りを見つけてみてください♪

トイレ内に手洗い器を設ける

リノベーション~トイレ編パート2~
タンク一体型の手洗いでは身体の向きを変え手を伸ばして洗わなければいけないので使いづらいと感じる方もいますが、トイレと手洗いが分かれていればみんなが使いやすい位置に手洗いを設置することができます。手を洗ったときにトイレ本体に水がかかってしまうという”手洗いあるある”も防げますね。

トイレの床について

リノベーション~トイレ編パート2~
トイレの床材に求められる特徴をまとめてみましょう。
  • 水や薬品、アンモニアに強い

トイレの床は、水はね、尿はねで汚れやすい環境にあります。洗剤を使っての掃除の回数が多くなる場所でもあります。水やアンモニア、薬品に強く、腐食しにくい素材を選びましょう。

  • 掃除がしやすい

思いついたときに手軽に掃除できるような床材になっていれば、掃除の回数が増えて清潔感を保つことにつながりそうです。水拭きやモップ掛けがしやすいような材質がおすすめです。

  • 汚れにくい機能がある

抗菌や消臭などの機能があって汚れにくい素材なら、お手入れも楽になります。清潔な状態を長く保つことができる、汚れに強い素材を選びたいですね。

タンク式トイレ

リノベーション~トイレ編パート2~
タンクに溜めた水で排水を行うため、断水や停電が起きてしまっても、お風呂の残り湯などをタンクにつぎ足すことで使用することができます。また、タンク内の水で一回分は排水することができます。
タンクレストイレは水圧に左右されてしまいますが、タンク式トイレの場合水圧に左右されずに設置することができます。
また、手洗い器を別で設ける必要がありませんから、その分の金額が増えることもありません。

タンクレストイレ

リノベーション~トイレ編パート2~
タンクレストイレに交換、収納を兼ねたカウンターも作り、空間全体がスッキリしました。トイレ本体のタンクがなくなった分、広く空いた背面の壁に、印象的な柄のクロスを貼りました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お好みのお手洗い見つけていただけましたか??
おうち自体がホッとできる空間ですが、中でもお手洗いは一息つける空間だと私は感じます!そんな空間だからこそ、利便性だけでなく見た目にもこだわって豊かな時間を過ごせるお手洗いにしていきましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました!


資料請求やお問い合わせなどはこちらから
http://refix-kochi.com/contact/index/document

SNSでリノベーション事例の写真や情報を発信しています。
facebook :http://www.facebook.com/REFIX.renovation/
Instagram:http://www.instagram.com/refix_renovation/
WORKS MORE